システムキッチンをお得にリフォームするためのコツとは

工事の期間やどんな機器を購入するのかによって工事の費用は変わります。システムキッチンはおしゃれで機能的ということで、主婦の憧れになっています。このリフォームするのにかかる費用の相場は、だいたい50万から150万円です。金額に幅があるのは、機器の大きさやどこまで手を加えるのかといった工事の規模が違うからです。大きな機器になればなるほど費用は増えていきますし、工事の規模や手を加える範囲が大きくなるほど工事費が加算されていきます。予算には限りがあるのが普通ですから、できるだけ安く済ませたいものです。ここでは、どうすれば費用を抑えて工事をしてもらえるのかについて見ていきます。憧れの環境をお得に手に入れられるように情報を仕入れておくといいでしょう。

ブランドを変えずに安く手に入れる方法

システムキッチンを扱っているブランドは色々ありますが、同じブランドでも扉やワークトップの設備選びを変えると価格が抑えられる場合があります。一般的には、ワークトップは人工大理石よりステンレス製の方が安いです。安かろう悪かろうというわけではなく、人工大理石よりも傷がつきにくいです。人工大理石は、見た目はおしゃれですが、傷がつきやすくなります。機能性を重視するのであれば、ステンレス製の素材を選べば安く機器の料金が抑えられます。扉は塗装仕上げより、シート貼りの方が安い傾向があります。ステンレスや人工大理石にもランクがあるので、グレードを抑えてみると希望の機器に手が届く可能性があります。リフォーム会社で格安の機器を提供していることもあるので、確認しておくと良いでしょう。

ショールームで予算に応じた提案をしてもらう

システムキッチンにリフォームしようとすると、後で追加工事を頼みたくなることも出てきます。追加工事をしたい場合は現場の担当者に相談すればいいですが、後で工事を追加していくと予算からはみ出してしまいやすいので注意が必要です。お得に仕上げたいのであれば、住まいの図面を持ってショールームに見学に行き、そこで要望や予算に応じたプランを作成してもらいましょう。格安のキッチンでも、シンクの下は引き出しにしたいなどメリハリをつけた要望をすることで、希望の形に近づけるようになります。予算以外にもキッチンのサイズに合わせたプランを提案してもらえます。ショールームの見積もりでは、仕様を抑えた安いプランや、そこに希望の仕様を組み込んだプランの作成をしてもらうことが可能です。


アーカイブ