システムキッチンのリフォームはどこへ頼むのが良いか

システムキッチンは大抵どこの家にも付属してありますが、時間の経過とともに劣化してきます。これは住宅の設備であればたいていは時間の経過とともに劣化してしまいますので、適度な時期に交換をしなければなりません。実際にシステムキッチンがどの程度長持ちするのかは使い方にもよりますが、普通は30年ぐらい使い続けることができるでしょう。ただ、キッチンにも流行があります。キッチンを使い続けることができたとしても、20年にから30年も経過すると新しいキッチン次々と出てくるので、新しいキッチンが欲しい人は、キッチンが壊れる前に新しくしてしまう人もいます。いずれの場合もキッチンを新しくしますが、この時にどこの業者にお願いをするか問題になります。どの業者が良いか知っておきましょう。

業者探しをする場合の注意点とは

業者探しをする場合には、工務店や専門業者を探してみましょう。このうち、工務店は非常に幅広く商売をしていますので、システムキッチンを取り替えることもそれほど難しくは無いでしょう。多くの工務店は快く請け負ってくれるに違いありません。ですが、業者によってはしっかりとした対応してくれるところと、下請け業者を紹介して終わりと言うところがあります。当然業者を選ぶならしっかりと責任を持って作業してくれる業者がよいですが、業者の中にはいい加減な作業する人もいるので注意が必要です。工務店の役割としては、業者がしっかりリフォームをしているかどうか確認をすることですが、契約を取ることだけが目的になっている業者もありますので気を付けましょう。

下請け業者と孫請け業者を利用する場合

工務店にキッチンのリフォームをお願いする場合には、下請け業者にお願いをすることがほとんどになります。工務店といっても中には自分たちで工事をする業者もありますが、キッチンに対して専門的な知識を持っていない工務店の場合は、下請け業者に任してしまうのです。この時、業者に中間マージンとして料金を支払います。そうすると家主は工務店にお願いをした料金と下請け業者の支払い料金の2種類を出さなければいけないことになってしまうのです。また、中には下請け業者がさらに下請け業者にお願いをすることがあります。この場合、下請け業者のさらに下請け業者のことを孫請け業者といいます。当然その分料金が余計に高くなってしまうので、できるだけ無駄にお金を使いたくない人は、キッチンの専門業者にお願いをした方が良いです。


アーカイブ